アリン英司ってどんな人?

アリン英司とは、

1978年東京生まれの東京育ち。神社仏閣巡り・読書・F1、ジャズ/フュージョン、そしてヘヴィメタル全般(ハードロックからデスメタル、デスコアまで幅広く)をこよなく愛しています。8弦ギターを弾くアリン英司

私の活動について紹介すると、

私の志向する若しくは実行している活動は、

  • 英語勉強会、英語難民救済プロジェクト
  • 音楽活動

の2つです。

1.英語勉強会、英語難民救済プロジェクト

私は、5歳から小学校卒業まで子ども英会話スクールで英語を感覚で身に付け、その後中学・高校・大検を経て大学受験をするまでは英語が得意中の得意でした。

が、しかし。入学した大学の学部には帰国子女・海外留学経験者・内部進学の中でも英語が物凄く得意な生徒が多く、ネイティヴの英語の講師が優秀な彼らを基準に英語を教えるので付いていくのに物凄い労力を要しました。

ネイティヴの先生の授業で揉まれたから「TOEICもすんなり高得点が取れるのでは?」と思い対策を立てて試験に臨んだところ、2度受けてどちらも500点前後という残念な結果に終わり挫折感を味わいました。

その後時間が経ってから、TOEICをやり直しましたが最後に受けたときのスコアが590点。進歩したものの、いまひとつ納得が行かなかったのを覚えています。

しかし、2014秋に発音セミナーを受講して「複雑な言語」と勘違いしていた英語が

「実はシンプル

であることに気づき、現在英会話スクールに通い適宜セミナーに参加しつつも並行して独学で勉強して磨きを掛けています。

自分は、子ども英会話スクール、中学・高校・大学、中学時代の進学塾・大検予備校・予備校の大学受験科、独学、セミナー、現在通っている英会話スクール等

多種多様な環境で得た失敗も成功も

ノウハウとして提供したいと思っています。

私は、

「老若男女問わず、英語をやり直せる環境」

を作りたい。そして、英語に挫折した人にセミナー形式で希望を与えたいと考えています。

セミナー参加希望だけでなく、

コラボセミナーや「こんなセミナーどうですか?

のリクエストも承ります。

お気軽に連絡ください。

2.音楽活動

私は、ソロアーティストとして「ひとり爆音プロジェクトHated in the Nation」を主宰していました。2013年ごろからGGアリンのコピーバンドを組もうとしてメンバー探しを始めたのがHated in the Nationの始まりです。

ちなみにアーティスト名のHated in the NationGGアリンの名盤が由来です。

ボーカロイドの歌唱を加えたカラオケ音源をバックに一人ステージに立ち、8弦ギターをラウドにかき鳴らしながらオリジナル曲とGGアリンのカヴァーを演奏していました。

現在は、Hated in the Nationはいったん解体して今後はオープンマイクの弾き語りや、ラウドロックの枠を超えた活動をしていきます。

よろしくお願いいたします。

アリン英司